2009年10月19日 (月)

糸南瓜を食す

糸南瓜ってご存知ですか?
ええ、いとかぼちゃです。


お盆に、祖母宅から糸南瓜を3つ持たされ・・・いえ、頂きまして、食すタイミングがなく先日までほっといてました。
そんなにほっといて大丈夫か?って感じですけど、野菜図鑑を見たら秋ごろまでそのままにしておいても大丈夫とあったので、保存の効くものは後回しにしてたんですけど。
そろそろ食べないとまずいかなーと思い、糸南瓜を取り出しました。

これって、そもそも市場に出回ってない南瓜だと思うんで、農家でしかないんじゃなかなー??
ジジも知らなかったし、スーパーでは見ないしね。

そこで、食わず嫌いのクマさんのために、糸南瓜に入刀したいと思います。

Cimg1420

中はこのような感じです。
因みに皮が硬くて、ジジの力では切れなかったので、クマさんに切ってもらいました。
かぼちゃって、硬いからちょっとレンジで1分ほど温めて切るときりやすいじゃないですか。
しかし、この糸南瓜はでかいんで!レンジ無理ってことで、半分に。

それを煮ます。

Cimg1421

えーーージジ宅で最大の大きさですが、深さが足りておりません。。。。
煮るときは一番大きな鍋で挑みましょう。
更に細かくすればいいんじゃ?
と思うかもしれませんが、このまま煮たほうが、後ほど良いかと思います。
ジジは水から煮て、弱火で20~30分ぐらいですかね。
鍋の深さが足りないので、途中ひっくり返しました。

そんで、ぐつぐつ煮た後、お湯を捨て、しばらく冷まします。
冷ましたほうが、作業しやすいかと・・・。




で、身をほぐします。

Cimg1423

そう、ほぐすんですよー。
これが糸南瓜なんです。そうめんのように、まわりからホロホロとほぐれていきます。
(因みにワタと種は取り除いておきましょう)
そんで、身をタッパに入れて、冷蔵庫に冷やします。
絶対に、冷やしたほうが美味しいと思う。

Cimg1422

ジジとクマさんは、ゴマドレッシングをかけて食べます。
大根サラダのようにシャキシャキして、とても美味しい。
大根のツマに食感が似ています。



ジジは、学生の頃、こんな食べ方とは知らずに、繊維質なかぼちゃだなーと、普通のかぼちゃと同じように、煮物を作ったんです。
大変不味かった・・・・・・。



ついでに・・・この糸南瓜を1個、嬉々としてクマ実家へ送ったんですけど、全く反応がない・・・。
失敗かしらん・・・・嫁として不安ですね。

ジジは野菜を調べるときに、野菜の便利帳を参考にしています。
写真が多い上に、各野菜の栄養等の表記はもちろん、その野菜の有効な保存方法が記載されているのが、とても便利です。
糸南瓜も記載されてました。