« 夜中の攻防 | トップページ | アウェイ »

2009年10月23日 (金)

キャセに乗る

今回パリに行くにあたってキャセイパシフィックに乗りました。
以前、台湾に行くときに乗ったので、できれば他のに乗りたかったけど・・・。
香港乗継で、待ち時間2時間という好条件だったので、仕方なし。


キャセイは短距離でもエコノミーに各画面がついてるのがいいね。
しかし、超距離線の座席は、どうみても欧米スタイルに座高が合わせられていて、頭がいい位置にフィットしませんでした
簡易枕もあったけど、首枕とか、あると便利だったです。それを腰にあてれば、腰も痛まずに済んだし。
念のため、機内持ち込みで、スリッパとアイマスクとむくみ防止ソックスも持ち込みました。

さすがに、行きも帰りも寝れたのは5時間ぐらい、他は映画見たりゲームしたりしてうとうとしながら過ごした感じです。


キャセの機内食
いや、結構美味しいっていう評判なんだけど(他はそんなにまずいのか!?)
ジジ的に、西友のお弁当のほうがすきだよ・・。

やはり、日本から香港に、香港からパリに、そして日本に戻る便では、微妙に味付けも変わっていたように思うけどね。ただ・・・微妙ね・・・。

日本→香港

1 チキンあんかけごはん??

香港→パリ
実は、ここは時差の関係で、日本時間0時です。
絶対に機内食は出ないだろうと、思っていたのに・・・。がっつりでした。

3

4 もはや、ビールを飲むジジ・・・。
再び野菜あんかけ。そしてコーンパスタ。
全く胃に優しくないメニューですな(笑)


クマさんはマトリックスを観て楽しんでました。
2

結構綺麗でしょう?
日本→台湾、香港間より全然綺麗でした。

朝ごはんはパン。甘くて美味しかったけど、このとき現地時間で4時半です
5

んで、帰り。
パリ→香港

6 飲むよジジは。白ワイン
ジジとしては、機内食で一番美味しかったと思う。
マッシュポテトの上にビーフがかかってるのだ。
プリンはややイマイチだったか、ワイン飲めたからいいや。

パリ香港間では、メニュー表が配られます。
もちろん英語と中国語だけど、聞き取れなくてもメニュー表があると、安心します。
9
カップラーメンとか貰えるみたいだが、チキンなジジ達は挑戦できなかった~


香港→日本
7_2

8

ジジは卵料理にして、正解だったけど、クマさんはまたしても野菜炒めごはんかけ!(笑)
さすがに3度目はキツかった様子。
あのあんかけが全部同じ味なのだよ
ヨーグルトは香港ではここのメーカーばかり出てきました。




帰国後、最近の日本人の飛行機のマナーのついてのニュースを見ました。
離着時の機長へのトイレ報告禁止というものです。
シートベルト着用後にトイレに行きたがる客のせいで、CAが機長に連絡をする。そのとき機長は管制塔との連絡を取り合ってる一番大事な時間であり、無事に離着陸するために必要な時間です。
勝手にトイレに行かれては、離着陸も出来ず、機長も操縦に集中できない。

そこで、帰国時のことを思い出しました。

帰りの香港→日本で、日本に行く便なんで、日本人もそれなりに多かったんですが、全席が家族4人組だったんです。
低学年または年長ぐらいの男の子2人と両親。
そのガキがうるさいうるさい。座席で飛び回り、騒ぎまくり。
パリ帰りの疲れがあって、寝てられたけど。
一番信じられなかったのは、テイクオフのため滑走路に進んでるときに、トイレに行きたいと歩き回ったこと。
CAさんが、英語だったけど、既に飛び立つんだから、何とか我慢してくれと言ってるのに、
父親も母親も黙ったままで、父親は行かせろと、手をトイレに示すだけ。
結局CAに謝りもしないまま、トレイに悠々と行った。
どんな親だ!?と思った。
まず、飛行機に乗る前にトイレに行かせるって、親の務めだと思うよ。
そして、こんなときは我慢しなければならず、必要なら早く言わないと駄目だと、教えるのが親だと思う。
叱りもせず、謝りもしない親って、なんなんだろうと、この親子を見ていて気持ち悪かった。

このせいでトラブルが発生したと機内アナウンスでさらし者にしてしまえばいいのに(←鬼)








|

« 夜中の攻防 | トップページ | アウェイ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャセに乗る:

« 夜中の攻防 | トップページ | アウェイ »