« パリ 親切だなー | トップページ | カピパラさんに会いに »

2009年9月28日 (月)

かんぴょう作り

お盆に祖母の家に遊びに行きまして、
かんぴょう作りをしてきました。



そもそも、今年は長雨で野菜が不足だったんですが、見事に冬瓜が育ち、
育ちすぎて・・・・育ちすぎだろ!て、その名も化け物冬瓜!

Photo

都会のスーパーだと、小さい切れで150円ぐらいで売ってますが、正直これを買うのは
あほらしいな、と思うぐらい、豊作でした。
(田舎の道の駅では30cm以上の大きさでも100円ぐらいで売ってるしね・・・)
故に、ジジ宅でも冬瓜炒めや冬瓜の味噌汁や冬瓜の肉味噌とかね。
やっとやっと消化してましたが、ここにきてこんなにも化け物な冬瓜が・・・・!!
ばーちゃんはジジに持ってけ、とか言ってたけど、さすがに大きすぎるし・・・。(50cm以上はある)さらに、あんまし冬瓜好きじゃないクマさんに食べさせるのが大変なのだ。


ってか、この大きさなら、駅で売れば高く売れるよ!



そんなわけで、原型のまま持ち帰るのは渋る孫夫婦のために、ばーちゃんがかんぴょうにしてくれるというので、ジジも手伝いました。



かんぴょうって冬瓜だっけ??っていう突っ込みはなしです。
そう、かんぴょうって、夕顔だとおもふ・・・。



でも、ばーちゃんは、これをゆうごう(夕顔)って言うのだ。実は。

いや、見るからに冬瓜だけどな


うう。ばーちゃんにもフェアリー??
今日のところはこれは夕顔ってことで。



っで、かんぴょう作り。
なんつっても本体が育ち過ぎて、中の種やらワタやらが大きくなり過ぎたので、
皮を剥いて(皮を剥くのも一苦労!)、中を取り出す。

2

小さかったら、皮剥き貴でひゅるひゅる剥いていけばいいんだけど、
なに分でかすぎるので、包丁でざくざくいきますよー。
ばーちゃん豪快過ぎです。

で、それを天日干し。

わっかにして紐に干すのが楽でいいみたいです。

2_2


こんな風景もなかなかないのでは・・・?

祖母宅には、毎年一人で遊びにきてたのですが、今年結婚して今年から夫婦でお邪魔です。

ここにくると現実離れというか、癒される。

なんつっても、ケータイの電波ないしね!Σ(;・∀・)


祖母も年をとり、こんな田舎で一人暮らし。
後何年畑が出来るかわからないしね。
そう思うと、持ってけ持ってけと言われてたら、いらんとは言えない。
いつまでも元気でいてほしい。
そんなばーちゃんも今月の30日に誕生日。
まだまだ元気元気!

うーん、早くひ孫ですかね・・・。



↓さてこれはなんでしょう。
この育ちすぎた野菜とそっくりなものをフランスでみました。

3




ヤツガシラっていうのだそうです。
この茎は食べれて、煮て酢であえると、ピンク色になります。
子供の頃は、何だかそれがミミズに見えることもあって、本当に食べれなかった
でも、大人になってみたら、普通の酢の物でしたけどね
細かく切ればよかったんだよね。きっと

|

« パリ 親切だなー | トップページ | カピパラさんに会いに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんぴょう作り:

« パリ 親切だなー | トップページ | カピパラさんに会いに »